クラビット錠後発品(ジェネリック)お得に買う

クラビットの後発品ってどういうものがあるの?

クラビットは1996年より販売されている抗生物質です。20年位以上の歴史があることから、様々な後発品(ジェネリック医薬品)も出ています。

 

後発品は、先発医薬品・新薬(このケースではクラビット錠)を効果や成分が同一であることを認められた薬品です。事前に新薬により成分や効き目、副作用はわかっていますので、開発や試験に欠ける費用を大幅に削ることができます。その分販売価格は下がり、購入する側からすれば、クラビット錠と同じ効果の薬を安く買うことができるのです。

 

クラビット錠の後発品を購入する方法は?

 

クラビット錠の購入方法は後述の2種類があります。

 

では、さっそく解説していきます。

 

個人輸入代行を使う

クラビット錠の後発品は海外で売っています。個人輸入を利用することで、お得な価格で購入することができます。個人輸入って言われてもよくわからない… と思われる方もいるでしょうが、要するに「個人的に使うために少しだけ輸入する」ということですから、法的に問題ないです。

 

ですが、海外から取り寄せる行為は、たくさんの書類が必要になったり面倒な手続きをしなければなりません。せっかく安い値段で手に入ってもその分作業時間が必要になるのであればあまり意味がありません。こういった作業を代行してくれる個人輸入代行業者を使いましょう。ネット通販と同じような感覚で個人輸入が利用できます。

 

↓は個人輸入を利用して購入することのできるクラビット錠の後発品です。

 

レボクイン

インドの製薬会社、シプラ社が発売しているクラビット錠のジェネリック医薬品です。薬にかける費用を大幅に削ることができるのが魅力で、100錠入って価格は最安2900円くらいです。

 

薬のコストを下げたいのであればこちらがおすすめです。

成分 容量 価格
レボフロキサシン 250mg 100錠 1800~9000円

 

レボタス

インドの製薬会社、インタス社が発売しているクラビット錠のジェネリック医薬品です。低価格で数量が少ないですから常備薬ではなく、一度しか使用予定がないのであればおすすめです。

成分 容量 価格
レボフロキサシン 250mg 5錠 500~1000円

 

レボナット

トルコの製薬会社、アタバイファーマ社が販売しているクラビット錠のジェネリック医薬品です。

成分 容量 価格
レボフロキサシン 500mg 7錠 1800~3000円

 

フレキシレボ

トルコの製薬会社、デバ社が販売しているクラビット錠のジェネリック医薬品です。

成分 容量 価格
レボフロキサシン 500mg 7錠 1800~3000円

 

レフロキシン

タイの製薬会社、Siam Bheasach社が販売しているクラビット錠のジェネリック医薬品です。

成分 容量 価格
レボフロキサシン 100mg 10錠 1800~5000円

 

クラビット錠

先発医薬品「クラビット錠」に関しても個人輸入で買うことができます。こちらの販売は日本の第一三共社の製品ですから安心感はあります。とはいえ先発品なので価格が上がってしまうのは覚悟してください。価格は最安でも1箱5錠で1300円ですから1錠260円程となります。1錠あたりが最安なら30円を切るジェネリック品と比べるとかなり割高になってしまいます。

 

ですが、後発品は怖い、やっぱり日本製の方が安心という考えならこちらを選んでみるのもよいでしょう。

成分 容量 価格
レボフロキサシン 250mg 5錠 1300~2800円

 

どこで買うべき?

個人輸入を行うのであれば、クラビット錠の後発品(ジェネリック)インドのシプラ社といったコストが低くなるものを買えばコストを大幅カットできます。しかし、輸入の際は同じ商品を買うのでも為替レートの影響や、どの個人輸入代行業者を使うかで実売価格は変わってきます。同商品とはいえどの個人輸入代行業者を使うかで値段は変化します。

 

できれば安く購入したいですので、↓に個人輸入代行業者の価格をランキング形式で出しましたのでご確認ください。

 

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
29円(最安値!) 無料 オオサカ堂 詳細
40円 無料 薬王国 詳細
44円 無料 ベストケンコー 詳細

 

これをみれば「オオサカ堂」で購入すれば最安値での購入が可能とわかります。

 

送料無料ですし、安く買いたいのであればオオサカ堂の利用をおすすめします。

 

処方してもらいたいのであれば

個人輸入を行うのであれば、海外から取り寄せるのですが、国内でクラビット錠が欲しいのであれば病院で処方を受けなければなりません。

 

病院で処方をうけることのできるクラビット錠の後発品は以下のようなものがあります。

 

医薬品名 薬価差額(先発品との差額) メーカー
レボフロキサシン錠250mg「アメル」 168.1円 共和薬工
レボフロキサシン錠250mg「ニプロ」 168.1円 ニプロ
レボフロキサシン錠250mg「日医工P」 168.1円 ヤクハン/td>
レボフロキサシン錠250mg「サンド」 168.1円 サンド/td>

 

↑の差額は1錠あたりの差額ということになります。基本的に250mgであれば1日2錠服用しますので、1週間で14錠、つまり差額は2300円程度になります。先発品と比べて1か月辺り8000円以上の削減となる計算です。

 

クラビット錠後発品利用のリスク

クラビット錠は個人輸入による購入か、後発品を処方すれば先発品を使うのよりも大幅なコストカットが可能です。ですが、留意しておかなければならないこともあります。

 

最初に個人輸入に関してですが、簡単に手に入るからと言って、用法用量を守らない乱暴な服用はやめましょう。クラビット錠の入手は国内であれば、医師の診察と処方が必要になってくる取り扱いに気をつけなければいけない薬です。そういった類の薬を注意事項を守らずに飲んでは副作用の危険は高まります。

 

そして、診察をうける際、後発品を処方してもらってコストカットをしたい場合は必ず担当医にひとこと言っておきましょう。何も言わないでいると先発品を処方させることも多いです。しかし、後発品が欲しいと言っても特に渋られたり、嫌な顔をされることもありません。気にせずに後発品が欲しいと言いましょう。

 

クラビット錠はこういう薬

クラビット錠とはつまり抗生物質のことです。様々な種類の細菌に効き目を持っているから、数多くの感染症治療に利用されています。代表的な物としては気管支炎、扁桃炎、咽頭炎や喉頭炎といった風邪と似た症状や、皮膚炎、中耳炎、歯周炎、膀胱炎、前立腺炎、腎盂腎炎、肺炎といった数多くの感染症に効果的なのがクラビット錠です。

 

基本的な用法用量はクラビット錠500mgを1日1錠服用します。クラビット錠の体内残留時間は長いために1日1回の服用でいいのです。

 

クラビット錠に限った話ではありませんが、抗生物質は必ず医師の指示に従って服用するようにしてください。症状が治まったように見えても飲むのはやめないでください。症状がなくなったように見えても体内に菌が残っていることは大いにあり得ます。きちんと最後までなくしておかないと、クラビット錠に耐性のある細菌が増殖することがあります。そうなると次回はクラビット錠の効きづらい細菌が増えることがあります。

 
http://www.freeblackjack.biz/ http://www.air-jordan-20.com/ http://www.nikesairmaxbestssales.com/ http://chnises.com/